日帰り硝子体手術のご案内

当院では、平成29年より日帰り硝子体手術を
行っております

1. 硝子体とは

硝子体とは眼球の器官の一つで、水晶体の後方にあり、

眼球内の大部分を満たしている無色透明なゼリー状の
組織です
眼球の形を保ち、光を屈折させます
また、外力からのショックを吸収する役割を果たして
おり、年齢と共に構造が変化し、徐々に収縮・変性し
ていきます

2. 当院で行っている日帰り硝子体手術

@ 黄斑前膜

A 黄斑円孔

B 硝子体出血

@ 黄斑前膜

物を見る中心である黄斑部に膜が張る病気主な原因は

加齢によるものです

生理的な変化により、網膜から離れた硝子体が一部

黄斑部に残って分厚くなったものを指します

膜越しに物を見るようになる為、視力低下を感じる

ようになります

また、膜が収縮することによって網膜に皺を作ったり、

浮腫 (むくみ)を起こしたりする為、初期の段階で中心

部に歪みや霞みが生じます

進行すると、歪みの他に中心部視野が欠ける症状がで

でくることがあり、その場合、手術で膜を除去した後、

状態によっては眼球内にガスを入れます

その為、術後うつ伏せ姿勢をとる場合があります

A 黄斑円孔

物を見る中心である黄斑の網膜に丸い穴 (円孔)が開く病気

外傷や他の病気に続発して起きる場合もありますが、多く

は加齢によるものと考えられています

自覚症状としては、中心が見えなくなったり、物が歪んで

見える変視症が起こります

網膜から剥がれた硝子体が薄皮のように網膜上に残り、

そのまま牽引する力が働く事によって、網膜に円孔が

できます

ごく稀に、自然に改善することもありますが、一般的には

原因となる硝子体の牽引を解除後、円孔を閉じる目的で

ガスを注入する硝子体手術を行います

その際、術後はうつ伏せ姿勢をとる事があります

B 硝子体出血

3. 手術方法

@ 局所麻酔 (テノン嚢下球後麻酔)を行います

A 硝子体を切除する為に眼球の壁に小さな穴を3ヶ所

開けます

B その穴から細かい器具を眼内に挿入します

硝子体を切るためのカッター、照明の為の光ファイバー、

眼球状態を保つ為の灌流液を注入する器具の三点

C 眼内の出血や濁りを硝子体と共に除去後、

網膜にできた増殖膜や網膜裂孔を治療します

D 取り除いた硝子体のかわりに、眼内に水・空気・ガス

のいずれかを置換します

手術時に硝子体のかわりに注入された水・空気・ガス

は、次第に眼内で作られる液体に置き換わります

空気は10日、ガスの場合は20〜40日程度で吸収

されていきます

手術自体は30分程度です

(状態によってはそれ以上かかる可能性があります)

病状によっては白内障手術を行う場合があります

すでに白内障がある方もいますが、白内障のない方

でも硝子体手術を行うと水晶体に白内障が生じやすく

なる為です

4. 硝子体手術後の通院について

硝子体手術後は必ず通院が必要となります

通院スケジュールは次の下記の通りとなります

術後翌日 3日目 1週間 2週間 3週間 1ヶ月〜
3ヶ月
(月2回)
4ヶ月〜
(月1回)

※ 硝子体手術後の眼の状態によっては、診察に

お越しになる回数が増えることもございます

※ 担当医の指示にしたがって下さい

硝子体手術実績

手術件数
2017年 (平成29年) 44
2018年 (平成30年) 47
2019年 (平成31年&令和元年) 47
2020年 (令和2年) 61

CopyRight© 2018 Saito Eye Clinic All Rignts Reserved.