抗VEGF薬治療について

・ 抗VEGF薬治療とは、眼の中で新生血管が発生し、
血液や滲出液が漏れ出す原因物質としてVEGF
(血管内皮増殖因子)があります
このVEGFの働きを抑える薬剤を眼内に注射する
ことで、新生血管や血管成分の漏れを抑制する
治療法です
・ 当院では、『アイリーア®硝子体内注射液40mg/mL』
を使用しております

1. アイリーアの適応症

現在、アイリーアにおいては下記の4つの適応症が

承認されており、当院では、①~③に対して抗VEGF

薬治療を行っております

① 加齢黄斑変性症

② 糖尿病黄斑浮腫

③ 網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫

④ 病的近視における脈絡膜新生血管


① 加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症とは、網膜の中央部分にある黄斑部

と呼ばれるところの障害が起こる病気です

加齢黄斑変性症には、大きく分けて2つのタイプが

あり、新生血管を伴うものを滲出型とよび、血管新

生を伴わないで黄斑部の萎縮のみを呈するものを

萎縮型とよびます

アイリーアが適応となるものは新生血管を伴う

滲出型です

滲出型加齢黄斑変性 :網膜の中心である黄斑部に

脈絡膜新生血管が発生し、

網膜色素上皮上、あるいは

色素上皮下にのびて、出血

やむくみなどの滲出性変化

を認めます

症状

・ 変視症 (ものが歪んで見える)

・ 見ようとする所が暗く見える

・ 視力の低下 (ぼやけて見える , 不鮮明になる)

片眼を隠して見ていただき、上記のような症状が

ある場合は、眼科受診をおすすめします


② 糖尿病黄斑浮腫

糖尿病黄斑浮腫とは、眼底の毛細血管がもろくなり、

血液や血液成分が漏れ出し、黄斑部にむくみ生じる

病気です

症状

・ 変視症 (ものが歪んで見える)

・ 見ようとする所が暗く見える , 不鮮明になる

・ 視力の低下

・ かすみ眼

糖尿病は眼に影響の出る病気のひとつです

症状がなくても定期的な眼科受診を

おすすめします

③ 網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫

網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫とは、網膜

にある静脈が目詰まりを起こし、血液や血液成

分が漏れ出し、網膜にむくみが生じている状態

です

症状

・ 急激な視力低下

・ 視野が欠ける

・ 急な眼のかすみ

2. アイリーア注射後の生活

・ 注射当日は眼帯をして帰宅していただきます

翌日の検査・診察時に眼帯を外しますので、

その後から点眼液を使っていただきます

・ 入浴は注射翌日から可

・ 洗髪、洗顔は注射3日目から可

・ 車の運転は翌日眼帯が外れてから可

・ 仕事は3日間中止

CopyRight© 2018 Saito Eye Clinic All Rignts Reserved.